犬の臭いの原因とは?
  1. 犬のにおいが気になる飼い主さんへ~おうちでの体臭ケアご紹介~

臭い原因とは?

においの原因その① 体臭

においの原因その① 体臭

体臭は主に汗が原因ですので、体を定期的に拭いてあげましょう。シワの多い犬種の場合はシワを伸ばしてきれいに拭きます。お風呂は体臭があるからといって頻繁に入れると、かえって皮膚病の元になってしまします。獣医さんに自分のワンちゃんの最適頻度を確認して、シャンプーできちんと洗いましょう。またマーキングにも使われるにおいの強い分泌液が肛門脇にある肛門腺からは出てきますので、月に1回程度はお風呂で肛門腺を絞って分泌液を出すことで、体臭が軽減されることがあります。

ただ実はもっと根本的なこととして、ワンちゃんの体内環境を整えてあげることが重要なんです。皮膚疾患が原因で体臭となっている場合もありますが、腸内環境が悪化していると、消化吸収しきれず残った悪臭の元となる物質が血流にのって全身へと運ばれ、汗となって強い体臭を放つのです。汗や肛門腺、皮膚といった外的に対応できることと同時に、整腸作用のあるサプリメントを取り入れるなど内的にも対応してあげたいですね。

においの原因その② 便臭

便臭はつまりウンチのにおいですから、ある程度は当たり前。ただ、それが不調に伴う症状のひとつであることがあります。下痢便や硬すぎるウンチ、血便など見た目でわかるものはまだいいのですが、においは主観ですからなかなか判断が難しいですね。普段と比べてあまりに強くにおう場合は何かおかしいと思ったほうがいいでしょう。どれくらいかというと、他の部屋までウンチがにおってきたり、明らかにほかのワンちゃんのウンチよりも臭かったり、といった具合です。

便臭の原因の多くは、病気以外は腸内環境の乱れによるものです。腸の機能が低下すると、未消化物質がそのまま便に混ざってしまったり、健康であれば防げる悪臭物質の生成を防ぎきれなかったりします。それらが便に混ざってしまったり、悪臭としてまとわりついて排出されたりするために強い便臭となるのです。食事を変えてみたり、整腸作用のあるサプリメントを摂ったりして腸内環境を整えてあげましょう。

においの原因その③ 口臭

本来、健康な犬にはほとんどないはずの口臭の原因は、食べ物の影響や腸内環境の悪化によるものであることも多いですが、圧倒的に歯周病です。歯周病は「歯周病菌」が起こす感染症ですが、この菌は歯垢に多く存在しています。食べカスや雑菌が元となって出来る歯垢を放っておくと歯石になり、その歯石にさらに歯垢が付き…と悪循環を繰り返して歯周病になります。人間の場合、この歯垢が歯石になるには20日ほどかかると言われていますが、犬の場合は3~5日で歯石になってしまいます。歯周病はそのままにしておくと、溜まった膿が目の下の皮膚を破って出てくる眼窩下膿瘍(がんかかのうよう)や、上顎の骨を溶かしながら鼻から出てくる口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろうこう)、下顎の骨折などさまざまな症状を引き起こします。

解消するにはとにかく歯磨き!毎日1回は歯磨きをして歯垢を落としてあげましょう。また口臭のあるワンちゃんの歯を乾いたタオルで拭いてみて、もしもにおいがなければその口臭は内臓からきていると考えられます。腸内環境を整えたり、獣医さんに診てもらったりしてくださいね。

においの原因その③ 口臭

出典:ペットシア

関連記事

PAGE TOP