犬の食糞の原因とは?
  1. 犬の食糞、気になっていませんか?何故ウンチを食べるのか調べてみました

食糞原因とは?

どうして食糞をしちゃうの?

どうして食糞をしちゃうの?

犬がウンチを食べてしまう「食糞」、犬を飼ったことがない方にはおそらく大変衝撃的なことなのではないでしょうか。私も初めて食糞を発見した時には「キャーッ」と声を上げてしまいました。犬にとっては実は自然な行為である食糞。親犬が仔犬の排泄を促すためにお尻を舐めて刺激していたり、仔犬周辺の衛生環境を整えるために食べたりしていたところを見て、自然と食糞するようになるそうです。ただ、親犬の真似という以外にも原因はいくつもあると言われていて、飼い主の驚きの声を聞いて「喜んでくれている!」と勘違いして食糞してしまう、空腹、ビタミンB・K不足、食事への飽き、ストレス解消、食べ物の未消化による糞のにおいなどがあると言われ、厳密にはわかっていません。食糞自体は体に害はないのですが、飼い主としてはやめてもらいたいですよね。

食糞をやめさせたいなら

食糞に悩む飼い主さんは本当に多いんです。それだけ多くのワンちゃんが食糞しているということなのですが、「これで食糞を防げる」という確実な方法がないことも事実。食糞を防ぐと言われている方法をいくつかご紹介しますので、まだ試したことがない方法があったらぜひトライしてみてください。みなさんのワンちゃんに合う方法がありますように!

①反応しない

反応しないと言っても、食糞を黙って見ているということではありません。食べようとしているのを見た時に叱ったり驚いたりしない、ということです。叱られることで「飼い主が反応してくれた!」と喜んでしまう場合や、「叱られたくない」と飼い主に隠れて排泄して、排泄したことがバレないように食糞を続けてしまう場合があります。排便したらすぐに名前を呼ぶなどして糞から離し、大好きなおやつやおもちゃで気を引いている隙に無言・無反応でウンチを片付けてしまいましょう。

②食事の調整

ドッグフードの種類を変えてみる、量を変えてみるという調整をすることで、空腹や飽きを原因とする食糞の場合は防げることがあります。

③ビタミンB・K不足の解消

ビタミンの豊富なドッグフードに変えてみましょう。ビタミンのサプリメントを摂取することでも代用可能です。

④散歩量・遊ぶ時間を増やす

ストレスから食糞をしている場合、そのストレスを解消する必要があります。生活環境の改善や散歩・遊ぶ時間を増やすことでストレスが解消され、食糞を防げることがあります。

⑤腸内環境を整える

腸の機能が低下していると、未消化の食べ物が糞と一緒に出てくるために美味しそうなにおいが糞からすることがあります。これを防ぐためにサプリメントなどを使用して腸内環境を整えてあげましょう。

⑥食糞防止剤を使う

いつもの食事に振りかけることでウンチの味を変えたり、消化吸収を良くしてくれるものがありますので、一度使用してみる価値はあります。

⑦口を洗う

なかなかの荒療治かつトラウマが心配ですが、食糞してしまった直後にシャワーでワンちゃんの口を洗って「ウンチを食べると口を洗われてしまう=嫌なことをされる」と学習させるという方法もあるようです。

パイナップルが効くって本当?

パイナップルが効くって本当?

パイナップルを与えることでウンチが不味くなって食糞しなくなる、という方法があります。パイナップルを食べることでウンチのPh(ペーハー)値が変わり、とても不味くなるそうです。これが効くワンちゃんと効かないワンちゃんがいますが、割と有名な方法ですから一度試してみる価値はあります。

与えるパイナップルは缶詰のような甘く加工されたものではなく、生のもの。生のままよりは火を通した方が酸味が和らぎワンちゃんが食べやすくなります。一口大に切ったものを毎食1個与えます。パイナップル自体は害のあるものではないので、アレルギーがなければ適量を守ればビタミンやカリウム、食物繊維など栄養素的にも良いのでおすすめです。ただし、果実の部分以外は消化できないので与えないように注意が必要です。

関連記事

PAGE TOP